もしもの時、通夜と葬儀、火葬の進行は大丈夫? これで流れを押さえよう!-僧侶の手配なら浄土真宗・浄土宗お坊さん派遣.comをどうぞ

僧侶の手配なら、浄土真宗お坊さん派遣.com

もしもの時、通夜と葬儀、火葬の進行は大丈夫? これで流れを押さえよう!

「不幸があった後はどのように進んでいくの?」
「通夜や葬儀の流れを知りたい。」
このように、不幸があった際の法事がどのように進んでいくのか知りたい人は多いと思います。
もし不幸があっても、事前に流れを把握しておけば、必要以上に慌てずに済みますよね。
そこで今回は、法事の専門業者が通夜や葬儀の実際の流れをご紹介します。

 

❖ 通夜や葬儀の流れを押さえよう!

まずは、亡くなった後の流れを押さえましょう。
亡くなった後は、病院などからの遺体の搬送やその後の法事の日程調整を行います。
だいたい亡くなった翌日に通夜が行われます。
その翌日には葬儀と火葬が行われます。

 

❖ 実際にどう進めていく?

どのように進んでいくのかだいたい把握できたと思います。
しかし、スケジュールの他に、実際にどう進めていくのかについても知りたいですよね。
そこで、具体的な進め方についてご紹介します。

 

❶ 搬送、日程調整

急なことなので、慌ててしまうことも多い箇所ですが、初めが肝心です。
亡くなった後、エンゼルケアを行い、医師から【死亡診断書】をもらいます。
病院で亡くなった際は、遺体を病院から自宅まで移動させます。
もし自宅に置くことが難しい場合は、葬儀業者の施設にお願いすると良いでしょう。
喪主などの役割を家族と相談の上決定し、火葬場を押さえます。
その後、業者やお寺などを通して、通夜と葬式の日程を決定します。
また、やることが多いと感じる人もいらっしゃるでしょう。
葬儀業者を介すと煩雑な手続きを代行してくれるため、慌てずに手はずが整います。
また、日程が決まったら、会社関係者や故人の友人に連絡を入れるのを忘れずに行いましょう。

 

❷ 日程決定後

日程決定後は、上で紹介したような順番で進行します。
多くの場合、葬儀業者と共に調整していくため、準備などは業者の人と相談しながら行いましょう。

 

❸ お坊さんはどうする?

もしも急な不幸があった場合、読経をしてもらうお坊さんを探す必要があります。
ここでは、

信頼できる法務経験が豊富なお坊さんのみを派遣する、【お坊さん派遣.com】

でのサービスをご紹介します。

お経を上手に読んでもらえると、故人様も喜ぶでしょう。
弊社【お坊さん派遣.com】では、面接を行った信頼できるお坊さんにのみ、読経をお願いしています。
一番多いのは、『通夜や告別式、初七日、炉前の法要』での読経をお願いするプランです。
そのほかにも通夜なしや、火葬と法名授与のみのプランもございます。

 

❖ まとめ

今回は、身内の不幸後の流れをご説明しました。
どのように進行していくのかについてイメージを持てたでしょうか?…
弊社では、通夜や火葬、初七日などのプランを多数ご用意致しております。
不安に感じる方もいらっしゃるかと思いますが、弊社の法事に関する専門家がお客様を全面的にバックアップいたします。
急なご不幸があった場合でも、24時間対応でお電話を承っております。
ぜひ一度、弊社【お坊さん派遣.com】までお電話(0120-44-4649)ください。



ページトップへ戻る