葬儀と通夜の費用はいくらぐらいかかるの? 丁寧に解説します!-僧侶の手配なら浄土真宗・浄土宗お坊さん派遣.comをどうぞ

僧侶の手配なら、浄土真宗お坊さん派遣.com

葬儀と通夜の費用はいくらぐらいかかるの? 丁寧に解説します!

「葬儀に費用はどのくらいかかるのだろう?」
「葬儀費用についての情報が多すぎて、よくわからない。」
このように、葬儀を行う際に費用がどれくらいかかるのかを知りたい方はたくさんいらっしゃると思います。
参考程度にどのくらいかかるのか、把握しておきたいですよね。
そこで今回は「葬儀や通夜の費用はいくらかかるのか」についてご紹介します。

 

❖ 葬儀や通夜の費用はいくらかかるのか?

一般的な葬式は、遺族や近親者だけでなく、友人や知人、会社の同僚など多くの方に参列してもらうため規模が大きくなるでしょう。
葬儀費用の全国平均は、100万円ほどです。
大きく分けて、施設にかかる費用と葬儀にかかる費用、参列者へのおもてなしの費用、宗教者へのお礼と心づけの4つの項目の合計金額が葬儀費用です。
施設にかかる費用は、どんな会場を選ぶかによって金額は大きく左右されます。
参列者へのおもてなしの費用を抑えるには、料理や品物のランクを下げるといいかもしれません。
仏式の場合、お経をあげてもらい、戒名を授かったことへの謝礼として僧侶にお布施を渡します。
神式ではご神饌料、キリスト教式では献金を渡します。
1つ1つの項目に対しての選択肢が多いので金額の幅は広くなります。

 

❖ お坊さん派遣.comのサービスをご紹介します

【お坊さん派遣.com】のサービスの費用はどのくらいかかるのでしょうか?
知人や友人にも告知する一般的なお葬式と通夜をしないお葬式の2つがあるので、それぞれ順番に見ていきましょう。

❶ お葬式・通夜の読経

このプランは、友人や知人にも告知する一般的なお葬式です。
通夜と告別式、初七日、炉前までの法要を寺院様にしていただきます。
このプランの総額は税込で15万円です。
お車代、御膳などの別途料金は一切不要です。
お勤め日数は2日間で、1日目は通夜式、2日目は告別式と火葬場での読経を僧侶にしていただきます。
四十九日法要までのご対応とさせていただくと、プラス3万円が必要です。

❷ 一日葬(お葬式のみ)

上記のプランから通夜を除いたプランです。
通夜をしないお葬式は、近年増加傾向にあります。
告別式と火葬式を同日中に行うので1日葬と申します。

 

❖ まとめ

今回は、葬儀や通夜の費用がいくらかかるのかをご紹介しました。
葬儀を行う際は、この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?
弊社【お坊さん派遣.com】では、お葬式や法事、納骨に至るまで経験豊富な僧侶が対応いたします。
何かご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。



ページトップへ戻る