永代供養の種類はどのようなものがあるの? 徹底解説します-京都周辺で『僧侶の手配』や『永代供養』なら【浄土真宗 お坊さん派遣.com】へどうぞ!!

僧侶の手配なら、浄土真宗お坊さん派遣.com

永代供養の種類はどのようなものがあるの? 徹底解説します

永代供養の種類について知りたい方は多くいらっしゃると思います。

どのような種類があるのかについて知らずに永代供養をお願いして後悔するのはイヤですよね。
この記事では永代供養の種類について解説していきます。

 

⑴ 永代供養の種類

永代供養の方法はたくさんあるので、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

 

① ロッカー型

ロッカーのように棚が分けられているようなタイプの納骨堂です。

それぞれの場所に遺骨を個別で納骨します。
スペースがあまり必要ないので、基本的にかなり費用は安いところが多いです。
そのため、なるべく費用を抑えたい方にはおすすめだと言えるでしょう。
屋内に設置されていることが多いですが、屋外に設置されていることもあります。

 

② 機械式納骨堂

基本的にある場所にお骨は納められていて、親族の方がお参りに来た際に遺骨がエレベーターのようなもので取り出されるタイプの納骨堂です。

近年では、技術力の高まりによって、このような方法で供養できる場所も増えてきています。
タッチパネルを操作すると、お参り場所に骨壷が自動的に運ばれてきます。

このようなハイテクな機械を使うことに抵抗がある方もいるかもしれません。
無機質に感じられるかもしれませんが、きちんと供養はされているのでご安心ください。
お子さんやお孫さんなどのインターネットを常に活用している世代の方たちにとっては、馴染みのあるものなのであまり心理的な負担はないかもしれません。
そのため、お子さんやお孫さんの世代の方達に負担をかけないためにも、このような供養方法を選ぶのも良いかもしれません。

 

③ 位牌型

祭壇に位牌を立てて並べるタイプの供養方法です。

骨壷は別のスペースで安置することが多いです。
位牌型では、スペースをあまり取らないため、永代供養を依頼する際の費用はかなり安くなります。

 

④ 仏壇型

昔からよくあるタイプの供養方法で、仏壇を上の段に、遺骨を下の段に安置します。

馴染みがある、通常のお墓と同じような構成ですね。
宗派によって様々なタイプのものが存在するので、こだわりがある方は一度お寺や霊園の方に問い合わせてみることをおすすめします。
きちんとした仏壇を設置するので、他のタイプと比べて費用は高くなる傾向があります。
写真や故人がよく使っていたもの、愛着があるものなどを置いておけることもあるので、最も思いやりを表現できる供養方法だと言えるでしょう。

 

⑤ 屋外の合祀墓

合祀(ごうし)とは、他の方と一緒の場所に遺骨を保管するタイプの埋葬方法です。

他の方の遺骨と合わさってしまうので、一度合祀すると元には戻せません。
依頼をする場合は、その点をしっかりと把握した上で依頼しましょう。
最初から合祀として埋葬することもあれば、一度違う形式で埋葬して五十回忌などのタイミングで合祀墓に埋葬するケースもあります。
合祀だとお寺や霊園側が管理しやすくなるので、費用が安くなりやすいです。

 

⑥ 集合墓

区域を分けて、個別の墓石をまとめて建立するタイプです。

まとめて近い場所に墓石を建てるので、墓石のスペースが少なく済むため、個人墓よりも費用は安くなりやすいです。
墓石のデザインが統一されていたり、場所を決められていたりするので、自由度は低めです。

 

⑦ 個人墓や夫婦墓を作って供養する方法

通常のお墓と同じように、お参りするスペースを個別に確保できるので、自由にお供えできます。

お墓を建てることになるので費用はかなりかかりますが、自由度が高く、永代供養料をお支払いするだけで管理をお願いできる点がメリットです。
お参りしてくれる親族や身内の方がいらっしゃる方で、合祀に抵抗がある方は個別の墓を作ることをおすすめします。

 

⑧ 樹木葬

自然に還りたいという要望が増えてきているため、植樹をしてその下に埋葬してもらうという樹木葬も増えてきました。

シンボルツリーの下を区画分けして埋葬したり、それぞれの方に個別に植樹をしてその下に埋葬したりといった種類があります。
山に埋葬するケースや霊園の一部分に埋葬するケースがあります。
自然を愛している方や、安らかに眠ることを優先したい方におすすめです。

 

⑨ 散骨

お墓や納骨堂などを利用せずに、散骨をして供養する方法もあります。

遺骨を粉末状にして、海に撒く供養方法を海洋散骨と言います。
散骨の費用をお支払いしたら、その後は管理費などの追加料金がかからない点で永代供養として分類できます。
海に散骨する他、山や宇宙に散骨することもあるので、どのような方法が可能なのかを事前に聞いてみましょう。

 

❖ まとめ

永代供養の種類について知っていただけたでしょうか?

たくさんの種類があるので、どのような埋葬方法がいいのかを考えることが大切です。
お子さんやお孫さんに迷惑をかけたくない場合は散骨や機械式納骨堂にて永代供養してもらうのも良いでしょう。

 

※ 弊社【お坊さん派遣.com】では、納骨堂を京都市東山区に所有しています。


 ・交通の便が大変良い場所

 ・無料駐車場完備

 ・車椅子での参拝可

 ・冷暖房完備

 ・お食事処も併設

等々、ご親族そろってのご参拝に大変好評をいただいております!

 

 『遠方(故郷)の墓から住居の近くに遺骨を移したい』

 『お墓の継承者がいない』

 『お墓のことで将来子供や孫に心配をかけたくない』

といった方におすすめです!!

 

費用は納骨の年数によって様々ですが、関西地区最安値 です!

※通常、【永代供養】=『合祀』(最初から他人の遺骨と一緒に納骨)が大半ですが、

 弊社では依頼者様からの強いご要望にお応えし、

 『合祀』ではなく、『個別安置』に特化 致しております。

いくつかのプランがありますので、ご予算に合ったものをご選択可能です。

※ 事前のご見学も随時承っております。


関西地区で永代供養をする場所をお探しの方は、

どうぞお気軽に、弊社【お坊さん派遣.com】までお電話(0120-44-4649)下さい。

費用は納骨の年数によって様々ですが、関西地区最安値 です!

※通常、【永代供養】=『合祀』(最初から他人の遺骨と一緒に納骨)が大半ですが、

 弊社では依頼者様からの強いご要望にお応えし、

 『合祀』ではなく、『個別安置』に特化 致しております。

いくつかのプランがありますので、ご予算に合ったものをご選択可能です。

※ 事前のご見学も随時承っております。


関西地区で永代供養をする場所をお探しの方は、

どうぞお気軽に、弊社【お坊さん派遣.com】までお電話(0120-44-4649)下さい。



ページトップへ戻る