葬式でお坊さんの手配をお考えの方へ! お布施の書き方をご紹介します-京都周辺で『僧侶の手配』や『永代供養』なら【浄土真宗 お坊さん派遣.com】へどうぞ!!

僧侶の手配なら、浄土真宗お坊さん派遣.com

葬式でお坊さんの手配をお考えの方へ! お布施の書き方をご紹介します

葬儀でお坊さんの手配をお考えの方はいらっしゃいませんか?


その際気になることといえば、お布施に関することですよね。


「お布施は何で包めばいいのか」

「お布施には何を書けばいいのか」

といった疑問もあるでしょう。


そこで今回は、お布施の書き方についてご紹介します。

 

 

⑴ お布施を包む袋について

 

お布施を包む袋の種類は、大きく分けて2つあります。

 

① 奉書紙

奉書紙は和紙の1つで、かつて幕府が公文書に用いていました。
楮(こうぞ)を使って作られた白い厚紙を指します。

包み方は、まず中包みとして半紙でお札を包みます。
次に上包みとして奉書紙で包みます。


お布施はお坊さんに渡すものであって不祝儀でないため、弔事用に上包みの端を下向けに折りまげる必要はありません。
慶事と同じく、上向けに折りましょう。

表面がツルツルしている方が表、ザラザラしている方が裏になりますので、間違えないように確認しておきましょう。

 

② 白の封筒

奉書紙が最も丁寧な包み方になりますが、用意できない場合は白の封筒に入れても大丈夫です。


ただし、郵便番号を書く欄が印刷されていないものをお選びください。


市販の封筒に「お布施」と印刷されている場合は中包みを用意せず、そのままお札を封筒に入れておきましょう。

 

 

⑵ お布施の書き方とは

 

① 表書きについて

 

仏教では、お布施の表書きとして「お布施」「御布施」と書きましょう。


戒名を付けていただくことになるでしょうから、その場合は「志」「戒名料」と書きます。


ただ、こういった書き方に関しては地域やお寺によって異なりますので、不安な場合はお坊さんに事前に確認しておくとよいでしょう。

 

また、宗派が浄土真宗の場合は表書きとして「お布施」と書きましょう。


お布施は、お坊さんではなく阿弥陀如来へのお礼と考えられているため、「志」「戒名料」はふさわしくないとされているからです。

 

 

② 中包みについて

 

お布施の中包みには、住所と氏名、金額を書きましょう。


金額は縦書きで書く場合、旧字体で「金~圓也」となります。


数字も旧字体です。


1万円の場合は「金壱萬圓也」と書きます。

氏名は喪主のフルネームでも構いませんが、基本的に「~家」というふうに、苗字に家を付けたものを書きましょう。

 

連名で書く場合は、家族である場合を除いて住所、氏名、包む金額をそれぞれ書きます。

もし中包みがない場合は、封筒の裏面の左側に住所、氏名、金額を記載しておきましょう。

 

 

❖ まとめ

 

今回は、お布施を包む袋の種類とお布施の書き方についてご紹介しました。
お坊さんに渡すお布施ですから、できるだけ失礼のないようにしたいですよね。

ぜひ今回の記事を参考に、お布施を書いてみてください。



ページトップへ戻る