Q : 『初盆』の法要とは?-京都周辺で『僧侶の手配』や『永代供養』なら【浄土真宗 お坊さん派遣.com】へどうぞ!!

僧侶の手配なら、浄土真宗お坊さん派遣.com

Q : 『初盆』の法要とは?

故人様がお亡くなりになって初めて迎えるお盆に行います。

地域によって異なりますが、例年、当方では、7月初旬から8月15日までに初盆のお勤めへ出向致しております。

特に、8月の第1・第2の土日(特に午前中)は、毎年ご依頼が殺到致します。

したがって、7月の土日に初盆法要を営まれる方が近年増えて参りました。

初盆法要をご希望の場合は、メールではなく、必ずお電話 0120-44-4649(法要ヨロシク)にてお申込み下さいませ。

 

 

【お盆の由来】

お釈迦様のお弟子の中で目連尊者(もくれんそんじゃ「モッガラーナ」)と言う方がおられました。

ある日、目連は亡くなったお母さまのことが気にかかり、極楽の浄土を神通力で探しておられたのですが見つかりません。
よもやと思いながら探し続けてみると、なんとお母さまは餓鬼道(がきどう)に落ちて逆さ吊りの責め苦を受けているではありませんか。
 
驚きとショックを受けた目連はお釈迦様のもとへ行き相談をされました。
するとお釈迦様がおっしゃるには、
「目連よ、お前の母は、自分の息子のためだけに暮らしていたようですね。そして物の道理がわからなくなって餓鬼に落ちたのでしょう。」
と聞かされました。
 
目連の母親は生前、托鉢(たくはつ)に来た修行僧に
「これはすべて目連の物。あなたに差し上げるものはありません。」
と言い放ち、布切れ一枚も施さなかったそうです。
 
目連を思うあまりに施(ほどこ)しの心を忘れてしまった母をどうにか救いたいと、お釈迦様にお願いをすると、
「7月15日(新暦8月)の雨季に、お坊さんの修行が終わるので心から施しをしなさい。そうすれば母は救われるでしょう」
とおっしゃいました。
 
8月の雨季に入ると目連は国々の僧侶たちに施しをされ、そのお陰で母親が餓鬼道から救われたと言う事です。
 
のちにこの話を聞いた人たちは、これを逆さづり供養祭と呼び雨季になると先祖を偲び、施しの料理をもてなすようになったそうです。
この逆さ吊りの事をインドでは「ウランバンナ」と言います。
 
そしてこの物語は中国へ渡り、「ウランバンナ」に漢字をあてて盂蘭盆(うらぼん)となりました。
次に日本に伝えられて もともとの先祖崇拝と結びついて今のお盆参りになったそうです。
 
お盆にはご先祖を偲び心静かに手を合わせ 、今ここに生かされていることを感じてください。
 
そして、喜ぶ心、相手を思いやる心、許す心を施しとしていただければとてもありがたい『盂蘭盆会(うらぼんえ)法要』になるかと存じます。

 

 



ページトップへ戻る