Q : 法事だけでも依頼は可能ですか?-京都周辺で『僧侶の手配』や『永代供養』なら【浄土真宗 お坊さん派遣.com】へどうぞ!!

僧侶の手配なら、浄土真宗お坊さん派遣.com

Q : 法事だけでも依頼は可能ですか?

 先日、弊社に下記内容のお電話が入りました。

「先週、実母が亡くなり、葬儀を依頼する菩提寺が無い為、急遽、インターネットで、“僧侶派遣” を検索、そして依頼しました。

 ところが、葬儀終了後、親族から、“あのお坊さんは誰が呼んだんだ! 大切なお葬式が台無しになってしまった。 次回の四十九日(満中陰)法要までには、違うお坊さんを慎重に探して依頼しなさい!!” と叱責されました。

それもそのはずです。  

 私の様な素人から見ても、確かに “お経が下手、読経の声が小さい、言動・身なりが悪い等”、かなりの違和感を覚えましたから… 

 ところで、御社から派遣されるお寺さん・お坊さんは大丈夫なんでしょうか?…」

とのご質問です。

 

 正直申しまして、同様のご相談のお電話を近年多数頂戴しております。

ご承知の通り、ここ数年間で同業者が大変増加致しております。

特にご葬儀の場合、大変急な事ですので、

『どこに依頼したら良いのかわかならい! どんなお坊さんが来るのだろう?』

といった不安要素が生じるのが実情かと存じます。

 

 私共の同業者の約9割は、残念ながら、『派遣寺院・僧侶との面談はせず、提出書類のみで請け負い ⇒ 依頼者へ派遣する』といった流れで遂行しております。

 当然の事ですが、派遣する側は、“どんな僧侶が葬儀会館または依頼者宅へ出向しているのか !?” を把握出来ておりません。もちろん双方ともに面識もありません。

ですから、上記の様なクレームが生じるわけです。

 

 なお、弊社の方針としましては、当方の担当責任者と派遣寺院・僧侶が必ず面談を実施致します。

 そして、『法務作法、人柄、身だしなみ(長髪・茶髪・ヒゲは厳禁)等、適正判断(弊社規定に基づく)にパスし、且つ厳選した法務経験の豊富な僧侶のみが在籍 ⇒ 出向 』を致しております。

 いわゆる “マンション坊主”(所属寺院が無いフリー僧侶)はいませんし、全てが教師資格(住職になる資格)を有する僧侶が大切なご葬儀・ご法要を勤修致しますので、どうぞご安心下さい!

 

 お陰様で、弊社と一度ご縁があった依頼者様からのリピート、また、依頼者様の友人・知人のご葬儀・ご法要等のご紹介も多数頂いております事は、弊社の自負するところであります。

 もちろん、過去に他社様でご葬儀・法事をご依頼された場合も、快く出向・対応させて頂いております。

 どうぞお気軽にお問合せ、ご相談下さいませ!

 



ページトップへ戻る