【法事を勤める意味】とは?-京都周辺で『僧侶の手配』や『永代供養』なら【浄土真宗 お坊さん派遣.com】へどうぞ!!

僧侶の手配なら、浄土真宗お坊さん派遣.com

【法事を勤める意味】とは?

法事は、お参りをされる方が亡き人を偲び、仏縁に出会えたことを感謝するためのものです。
つまり、私たちが仏さまの教えに出会う機会を頂いた、そして、故人や私たちを救って下さる阿弥陀如来に感謝をすることが大切です。
したがって、亡くなった方の為、というよりも私たちが仏法に触れるためのご縁なのです。

浄土真宗本願寺派の法事には、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌くらいまでは共通ですが、地方によってはこの後「二十五回忌」「三十三回忌」で区切る場合もありますし三と七が着く年忌(例、二十三回忌、三十七回忌など)に法事をし五十回忌で区切る場合もあります。



ページトップへ戻る