大阪府枚方市、吉田様より【一周忌法要】のご依頼をいただきました。

大阪府枚方市、吉田様より【一周忌法要】のご依頼をいただきました。

「はじめてお電話をいたします。昨年の10月6日に主人の母が亡くなりました。

菩提寺はありましたが、高知県のお寺のため行けないとの事で、お坊さんは葬儀社で手配してもらい、通夜・葬儀・四十九日とお願いしました。

間もなく、一周忌を迎えますので、そのお坊さんへお電話をしましたが、当方の希望日時を3つ候補を出しましたが、すべて断られました。

そのお坊さん曰く、

『急に言われても… うちの檀家さんの法事が最優先なので無理です』

とキッパリ断られました。

まるで、『あなたの場合は、葬儀社から依頼があったから行っただけ』

と言わんばかりの返答でした。

急と言っても電話をかけたのは2週間前です。

ちなみに、御社では、今からでもお坊さんの手配は可能でしょうか?…」

とのお問い合わせでした。

勿論、お引き受け致しました。

弊社では、急なご依頼、極端な例ですと、前日のご依頼でもすべてご対応いたしております。

そして、担当の僧侶より、吉田様へお電話にて

① ご挨拶

② 日時・場所 の打ち合わせ

③ 法要前のご質問・ご要望

等をいたし、10月3日(日)11時に一周忌法要へご出仕いたしました。

後日、吉田様よりLINEにて、(以下、受信文章を引用)

『この度は急なご依頼にもかかわらず、ご承諾いただきありがとうございました。

お陰様で、無事に、一周忌法要を執り行えました。

お越し下さったお坊さんは、大変気さくな方で、読経後のご法話で、

私たちが普段、なかなかお坊さんに質問しづらい事や、

お焼香の作法・回数、お仏壇の飾り方、

なぜ、仏壇にお水・お茶を供えないのか、

なぜ、浄土真宗では位牌が不要なのか

等々、非常にわかりやすく教えて下さいました。

私の娘や息子達も、大変勉強になった…

次回はまたあのお坊さんにお願いしょう(笑)…』

と言った話で盛り上がりました。

この度は大変お世話になりました。

また、次回宜しくお願い申し上げます。」

といった御礼の文章を頂戴いたしました。

吉田様、この度は、弊社【浄土真宗 お坊さん派遣.com】をご利用下さり、誠にありがとうございました。

担当僧侶にもご報告させていただきます。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します