無縁墓になるのを防ぐ? 永代供養と墓じまいの違いについて解説します

NO IMAGE

近年の少子高齢化による影響で、お墓の後継ぎがいないことが多くなってきています。

この問題を解決する対策として、『永代供養』と『墓じまい』があります。
この記事では、永代供養と墓じまいの違いについてご説明します。

⑴ 永代供養 とは

永代供養を契約すると、寺院や霊園に供養を代行してもらえます。
自分でお墓の管理やお墓参りをする必要がないため、無縁墓になる心配がありません。
そのため、お墓の後継ぎがいない方やお墓参りが困難な事情がある方にオススメです。

永代供養では、半永久的にお墓の管理や供養を代行してもらえます。
しかし、維持管理費や供養代などの月額料金はかからないことが多いです。
なぜなら、初期費用として支払っている場合が多いからです。
そのため、契約後はお墓に関する負担はほとんどありません。

子どもや親族に負担をかけないように、事前に永代供養の契約と支払いをしておく方もいます。
近年は、代々お墓を守り続けるという考えが絶対的なものではなくなってきました。
そのような時代に合わせた新しい供養方法と言えるのではないでしょうか?

 

⑵ 墓じまい とは

墓じまいとは、お墓を撤去して土地の使用権を返還することです。
墓じまいをする理由としては、お墓の後継ぎがおらず無縁墓になることを防ぐためです。

個人のお墓を所有している方がお墓を他の場所に移したり、永代供養を契約したりするときは、墓じまいを行います。
このような場合は、お墓に関する法律に従って手続きしましょう。

では、墓じまいをする手順を解説します。

① 墓じまいをするときは閉魂供養をするのが一般的なので、供養をしてくれる僧侶に依頼しましょう。
② その後に墓石の撤去を業者にしてもらう必要があるため、業者への連絡を事前にしておいてください。

ただ、改葬を行う時は墓じまいをする前に複雑な手続きをする必要があります。
改葬とは、所有しているお墓から他のお墓に移すことです。

 

次に『改葬の手順』について解説します。

① 【改葬許可申請書】を市町村役場で受け取りましょう。
所有しているお墓のある寺院や霊園の方に必要事項の記入をしてもらいます。

② お墓を移す先の寺院や霊園の方に許可をもらう必要があります。
新たな墓地や永代供養墓をもつ管理者に連絡をして、納骨許可書をもらいましょう。

③ 【納骨許可書】を市町村役場に提出します。
その後、改葬許可証を受け取れます。
改葬許可証を入手できれば、ようやく墓じまいに取りかかれます。

 

⑶ 墓じまいの後に永代供養が選ばれる理由

近年、墓じまいを選ぶ、あるいは検討している人が増加しています。

 

① 後継者がいない

永代供養は、古くから行われていきます。
しかし、最近では永代供養の件数が増えてきていると言えるでしょう。
なぜなら、少子高齢化の影響で、子供の数が減っているからです。
また、未婚や離婚するケースが増えてきているのも理由の1つと言えるでしょう。

② 子供や孫が里帰りをしない

子供や孫が里帰りしないために、永代供養を選択する方が多いです。

現代では、大学進学や仕事の関係で遠方地に離れ住むことが増えてきているのが影響しているでしょう。
ただ、地元の土地に埋葬することを希望している方も少なからずいます。
そのため、永代供養を選択して、預かってもらうケースが増えています。

③ 費用を安く抑えたい

永代供養を選択すると、比較的費用を抑えられます。
一般的に、お墓を設置すると数百万円の費用がかかるのが実情です。
永代供養の場合、個別で埋葬をすると数万円~10万円程度、個別で供養をする場合は、約30万円です。

 

④ 死生観や供養の方法への考え方の変化

前述の通り、社会が変化する上で、死生観や供養の方法への考え方が変化してきています。
子孫を土地に縛りたくないという理由からお墓を処分する方がいたり、永代供養を選択して、お参りをいつでもできるようにしたりと人によって考え方が異なります。
また、最近では墓石を持たない供養の方法として、【樹木葬】や【納骨堂】を選択する方も多いと言えるでしょう。

 

⑷ 結局、『墓じまい』と『永代供養』どっちを選択すれば良いの?

前述した通り、墓じまいと永代供養には違いがあります。

① 墓じまい

永代使用してきたお墓に区切りをつけることだと言えるでしょう。
後に、改葬や散骨、樹木葬を行うケースもあります。

② 永代供養

管理の権限を霊園や寺院に譲渡します。
その結果、ご家族がメンテナンスをする手間や無縁墓になる可能性を排除できます。

このように、どちらにもメリットはあり、供養の方法は様々と言えるでしょう。
ご家族の生活スタイルや今後の展望、経済的な面を鑑みて、一方を選択されることをオススメします。

❖ まとめ

永代供養と墓じまいの違いについて、ご理解いただけましたか?

墓じまいをした後の供養方法としては、永代供養がおすすめです。
弊社【お坊さん派遣.com】では、『墓じまい』から『永代供養』にいたるまで、全てにおいてご対応させていただいております。
まずはお気軽にお電話(0120-44-4649)にてお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します