ペットの永代供養をするときにかかる費用について解説します

NO IMAGE

ペットの永代供養にかかる費用について知りたい方は多くいらっしゃると思います。
依頼する前にどのくらいの費用がかかるのかを事前に知っておきたいですよね。
この記事ではペットの永代供養にかかる費用について解説していきます。

⑴ ペットの永代供養の流れについて解説

大切なご家族であるペットが亡くなってしまった時はとても辛い感情になりますよね。

そんなペットを供養してあげる時はどのようにしたらいいのかわからないという方も多いと思います。
まずはペットの永代供養の流れについて見ていきましょう。

① 葬儀会社に連絡

飼っていたペットが亡くなってしまったら、まずは葬儀会社に連絡しましょう。

ただ、亡くなった直後はとても深い悲しみがあると思うので、落ち着くまで待つことをおすすめします。
すぐに連絡をしなくても大丈夫なので、まずはご家族であるペットと向きあう時間をお取りください。
落ち着いたタイミングで葬儀会社に連絡してくださいね。

② 自宅で安置しておく

葬儀会社に預かってもらうまではご自宅で安置していただく必要があります。

ペットの身体を綺麗にしてあげてお待ちください。
くしで毛をとかしてあげたり、タオルで身体を拭いたりしてあげましょう。
好きだったおもちゃや食事のお皿などの一緒に火葬するものをそばに置いておきましょう。
最後になるので、形見として毛の一部を取っておく方もいらっしゃいます。
お別れするタイミングで後悔しないようにしましょう。

③ 火葬して納骨する

葬儀会社にペットを預けたら、火葬をして埋葬します。

火葬には立ち会えますし、ご自宅にペットの遺骨を届けることもできます。
その後、遺骨を霊園や納骨堂などに埋葬することになります。
もしペットと一緒のお墓に入りたい場合は、霊園やお寺の方に伝えて永代供養をしてもらいましょう。

⑵ ペットと一緒に入れる永代供養について解説

近年はペットと一緒に供養されたい方が増えてきました。

以前までは人とペットが一緒のお墓に埋葬されることは NG だとされていたのですが、ペットと一緒に埋葬できるお寺や霊園が増えてきています。
昔から長くあるお寺などの場合は檀家の理解を得られない可能性がありますが、新しくできた霊園や理解のある場所であれば一緒のお墓に入れます。
ペットは家族であると考えている方が増えているため、このような多様性が認められるようになってきているのです。
具体的にどのような形でペットと一緒に供養できるのかを見ていきましょう。

① 一緒のお墓に入るケース

最も一般的なペットと一緒に埋葬してもらえるタイプの永代供養墓です。

このケースで供養してもらう際には、まずは個別埋葬タイプを申し込んで、区画を契約する必要があります。
場所によっては一緒に入れるペットの数が決まっている可能性があります。
そのため、事前に霊園やお寺の方に聞いておきましょう。

もしペットと一緒に入りたい方で、ペットが先に亡くなっている場合は、ペットのお骨を先に納骨できるのでご安心ください。
すでに亡くなったペットのお骨を自宅に置いている場合は、先に納骨ができるときちんと供養できるのでおすすめです。

基本的には、ペットと同じお墓に入る場合の費用相場は10万円〜のところが多いです。
個別埋葬をして、通常のケースのようにお墓を作るのと変わらないような墓石を用意する場合は、30万〜200万円程度かかります。
各ペットごとに供養料が必要になることがあるので、事前にどのくらいかかるのかを確認しておきましょう。

② 同じ敷地内の別の区画のお墓に入るケース

同じ敷地内には埋葬されるのですが、別の区画のお墓に入れるタイプの永代供養墓もあります。

親族の方や身内の方への配慮として、同じお墓ではなくペット専用のお墓に埋葬するという方法です。
同じ場所に埋葬されるため安心できますし、お参りがしやすくなるのもメリットだと言えるでしょう。

同じ敷地内の別の場所に埋葬される場合は、2万円が一般的な相場です。
ペット専用のお墓を別で建てる場合は、墓石代や彫刻料などの費用がかかるので注意しましょう。
合祀墓でも大丈夫だという方の場合は、1万円程度で供養できます。
個別に埋葬するか合祀で埋葬するかによって費用が違うので、依頼する前に決めておくと良いでしょう。

③ 樹木葬をするケース

近年は自然の中で眠りたいという方が増えているため、木を植樹してその下に埋葬する樹木葬という方法がよく見られるようになりました。

お願いすればペットと一緒に入れる可能性があります。
大自然に囲まれて一緒に眠りたいという方におすすめです。
樹木葬の場合は、30万〜50万円程度かかることが多いです。

どのような永代供養をしてあげると亡くなったペットが喜ぶかを考えて選んでみてくださいね。
納骨をしないままでお骨を自宅に持っている方はぜひ永代供養をしてみてはいかがでしょうか。

❖ まとめ

ペットの永代供養にかかる費用について知っていただけたでしょうか。

様々なケースによってかかる費用は変わります。
これらを参考に納得のいく形でペットと一緒にお墓に入れる永代供養をしましょう。

弊社【お坊さん派遣.com】では、ペットの葬儀の読経もご対応させていただいております。

詳細は弊社ホームページ『ペットお葬式』をご参照ください。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します