永代供養をお考えの方へ!供養形態の種類をご紹介!

NO IMAGE

「永代供養の種類を知りたい」「お墓は何に注意して選べば良いのか」

永代供養をお考えの方で、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?

そこで今回は、供養形態の種類について紹介します。

⑴ 供養形態の種類をご紹介!

皆さんは、永代供養の中にどんな供養形態があるのかご存知ですか。
遺骨がどのように納骨されるのか事前に知っておきたいですよね。
ここでは、供養形態の種類を二つ紹介します。

『合祀型』他の人の遺骨と一緒に納骨されるタイプ

合祀型は管理者が遺骨を一括で管理するため、お墓の手入れにかかる負担を軽減できます。

また、通常のお墓を建てるよりも費用を圧倒的に安く抑えられます。

お墓を建てる費用を安く抑えたい方にとってはこれらの点は大きなメリットでしょう。

しかし、合祀型は他の遺骨と一緒に納骨されるため、一度埋葬された遺骨は取り出せません。
そのため、親族の方と十分に話し合って検討する必要があるでしょう。

❷『個別型』個別に管理してもらうタイプ

例えば、納骨堂などがこれらに分類されるでしょう。

個別型は契約期間が定められているため、ある一定期間を過ぎれば他の遺骨と一緒に納骨されるケースが多いです。

しかし、契約期限が終了した後に、もう一度料金を支払えば契約更新ができるところもあります。

そのため、事前に契約に関する質問をしておくことが望ましいです。

⑵ 永代供養墓の選び方とは

永代供養墓は個人の状況次第で選び方が異なります。

そのため、どんな場合に使用するのか事前に考える必要があります。

ここでは三つの場合を紹介します。

一人暮らしで跡継ぎがいない

費用面を考慮して永代供養墓を用意しておくべきでしょう。

複数人用の区画であれば費用が高くなりますが、一名区画であれば費用を安く済ませられます。

家族で使いたい

収容スペースを十分に確保する必要があるでしょう。

例えば、納骨堂の場合、人数が多くても対応できる自動搬送式や仏壇式を選ぶのが良いでしょう。

夫婦だけで使いたい

永代供養のサービスが付いたお墓を選ぶのがおすすめです。

具体的には、合祀型、樹木型、納骨堂などのお墓が挙げられるでしょう。

とくに納骨堂は、ロッカー式で夫婦区画を扱っているところが多いため、二人だけのお墓を建てたい場合はおすすめします。

❖ まとめ

今回は、永代供養をお考えの方へ向けて供養形態について詳しく解説しました。

この記事をきっかけに永代供養に興味を持って頂ければ幸いです。

また、永代供養に関する質問やお悩み等ありましたら、

弊社【浄土真宗 お坊さん派遣.com】までお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します