永代供養をするメリットやデメリットについて紹介します!

NO IMAGE

お墓について調べている方の中で、永代供養という言葉を聞いた経験がある方はいらっしゃいませんか。
                                                 これについてあまりよく知らない方も多いでしょう。

そこで今回は、永代供養のメリットとデメリットについて紹介します。

お墓に関して悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

⑴ 永代供養を選ぶメリットについて

まずは、永代供養を選ぶメリットについて紹介します。

❶管理する負担が軽減する
仕事や家庭の状況などの兼ね合いで、お墓を日常的に管理するのが困難な方も多いでしょう。

きちんと管理できなくて無縁仏になってしまうのは、避けたいですよね。

このような問題にお悩みの方には、永代供養がおすすめです。

なぜなら、自分に代わって管理をしてくれるからです。

日常的な管理は任せ、自分の都合の良い時間で足を運べるようになるのは、永代供養の大きな長所とも言えるでしょう。

❷ 費用の負担が軽減する
永代供養は、一般的なお墓に比べると費用の負担が少ないです。

種類によって費用は変動しますが、一般的なお墓に比べると総費用は抑えられるでしょう。

❸ 宗教などに縛りがない
墓石を設けて納骨をする際には、場合によっては宗教などが問われるケースがあります。

一方で、永代供養ではそのような制限が無いので、安心して誰でも利用可能です。

⑵ 永代供養を選ぶデメリットについて

次に、永代供養を選ぶデメリットについて紹介します。

区画を選べない場合がある
永代供養を利用する際には、あらかじめ区画が決められている場合がほとんどです。

そのため、自分では区画を選べない場合があるので注意しましょう。

区画に関してはそれぞれの寺院や霊園によってルールは異なるので、きちんと話を伺うのが良いです。

遺骨の追加が困難なケースがある
永代供養では、収蔵可能な遺骨が定められている場合がほとんどです。

そのため、先祖代々墓のように後から追加するのは難しい場合があるので覚えておきましょう。

改葬できない場合がある
永代供養には、いくつかの種類があります。

その種類の特性によっては、改葬ができない場合があるので注意しましょう。

そのため種類選びをする際は、それぞれの特性をよく理解した上で選ぶのが良いです。

❖ まとめ

今回は、永代供養のメリットとデメリットについて紹介しました。

この記事で紹介した内容を参考にして、自分に合う選択肢を見つけましょう。

何かご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します