永代供養のデメリットとは?メリットも併せて紹介します!

NO IMAGE

「永代供養を検討している」
「永代供養のメリットとデメリットについて知りたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

今回はこのような方に向けて、永代供養のメリットとデメリットについて紹介します。

永代供養をお考えの方は、これから紹介する内容を参考にしてみてください。

⑴ デメリットについて

まずは、永代供養のデメリットについて紹介します。

① 区画について
このサービスを取り扱っている施設によっては、区画に制限が課されているケースが多いです。

そのため、自分で永代供養の依頼先を自由に決められない場合があるので注意しましょう。

② 収蔵可能な遺骨について
このサービスには、さまざまなプランが存在します。

その中でも集合墓は、収蔵可能な遺骨があらかじめ決められているケースが多いです。

そのため、先祖代々受け継いでいくスタイルとは異なり、後から遺骨を追加できない場合もあるので注意しましょう。

③ 改葬について
数あるプランの内に合祀墓というタイプがあります。

これを選んだ場合は、故人の遺骨は他の方と同じ場所で保管されるので、後から遺骨を取り出して改葬できません。

このように、それぞれのプランによって異なる特徴があるので注意しましょう。

⑵ メリットについて

次は、永代供養のメリットについて紹介します。

① 負担が軽減される
利用される方のほとんどは、日常的にお墓参りに行けないという方が多いです。

仕事などのさまざまな要因によってお墓参りになかなか行けない方に代わって、管理してもらえるのは大きなメリットと言えるでしょう。

お墓を管理する時間がなかなか取れない方には、非常におすすめです。

② 費用について
一般的にお墓を設ける際には、100万円から300万円程度の費用がかかります。

一方で、永代供養ではこの費用を大きく下回る値段で納骨を行えます。

しかし、選ぶプランによってかかる費用は変動するので注意しましょう。

③ 宗派などに制限がない
永代供養では、宗派などに制限が課されていないためどなたでも利用可能です。

一般的にお寺などの施設では、これらに制限が課されている場合がほとんどです。

誰でも利用できるのは、永代供養の大きなメリットだと言えるでしょう。

❖ まとめ

今回は永代供養のメリットとデメリットについて紹介しました。

この記事で紹介した内容を参考にして、永代供養を検討してみてください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します