永代供養のお参りをする際の注意点について紹介します!

NO IMAGE

皆さまは永代供養のお参りをする際には、いくつかの注意点があることをご存じでしょうか。

永代供養をお考えの方であれば、この注意点は頭に置いておきたいものです。

そこで今回は、永代供養のお参りをする際に注意しておきたいポイントについて紹介します。

永代供養をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

⑴ 永代供養のお参りをする際に注意しておきたいポイントについて

まずは、永代供養のお参りをする際に注意しておきたいポイントについて紹介します。

① 服装

永代供養のお参りをする際の服装に関して、特に決まりはありません。

そのため喪服などに身を包む必要はなく、身動きがとりやすい楽な服装で問題はありません。

ただし、参拝施設に足を運ぶということを忘れてはいけません。

周囲と調和する違和感のない服装を選ぶようにしましょう。

② 時間

基本的にお参りをする時間は、定められていない場合がほとんどです。

そのため、自分の都合の良いタイミングでお参りをしましょう。

しかし、寺院などの施設は空いている時間が決まっているので、開門時間と閉門時間に注意してください。

また、夜間にお参りに行く際には、周辺の方に迷惑をかけないように注意するようにしましょう。

③ お供え物

お供え物についてもある程度の自由は担保されていますが、施設によってはろうそくなどの火を扱うものが禁止されている場合があります。

また、生け花も禁止されている施設もあります。

このように、施設によっては禁止されているお供え物もあるので、ルールの範囲内でお供えするようにしましょう。

⑵ おすすめのお供え物について

次は、おすすめのお供え物について紹介します。

① 飲食物
飲食物は、お供え物として定番のジャンルであるためおすすめです。

その方が生前特に好んで食べていたお菓子や、飲んでいたお酒などをお供えすると、喜んでいただけるでしょう。

しかし、施設によってはアルコール類を禁止としている場合もあるので注意が必要です。

② お花
先ほど禁止されている施設もあると紹介しましたが、やはりお花はお供え物としてよく採用されています。

特にカーネーションや白菊などのお花がよくお供えされています。

ルールを守るのは前提として、その中で喜んでいただけるお花をお供えしましょう。

❖ まとめ

今回は、永代供養のお参りをする際に注意しておきたいポイントについて紹介しました。

これらの注意点やマナーをきちんと守って、お参りをしましょう。

永代供養をお考えの方は、この記事で紹介した内容を参考にしてみてください。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します