永代供養をお考えの方へ!永代供養の種類と選び方を紹介します

永代供養をお考えの方へ!永代供養の種類と選び方を紹介します

「永代供養の種類や選び方がわからない」


このようなお悩みをお持ちの方は多いですよね。

近年、注目を集めている永代供養ですが、種類が多くどれが良いのか分からない方は多くいらっしゃいます。

そこで今回は、永代供養の種類と特徴、選び方について解説します。

⑴ 永代供養の種類と特徴を紹介

永代供養には、遺骨の安置方法によって3つの種類に分けられます。

以下では、それぞれの種類の特徴を紹介します。

① 個別型

個別型では、一般的なお墓と同様に個別に墓石を用意し、遺骨を供養します。

ただし、個別に安置できる期間を過ぎると合祀墓に移されます。

一般的に、永代供養は合祀墓が主流ですが、個別型は一般的なお墓と供養方法やお墓参りの方法などが変わらないため、馴染みやすい点が魅力の1つです。

一方で、個別で遺骨を安置するため、その分費用は割高です。

② 合祀型

合祀型では、遺骨を他の人の遺骨と一緒に安置し、供養します。

他のタイプと比較して価格が低めな点が特徴です。

ただし、他の人の遺骨と一緒に供養されるため、一度納骨すると二度と取り出せない点に留意してください。

③ 集合型

集合型では、遺骨を1箇所に集めますが、そこで個別に安置します。

個別型と合祀型の中間のような立ち位置で、費用を抑えつつ個別に納骨できる点が特徴です。

⑵ 永代供養の選び方を紹介

上記で紹介したように、永代供養には様々な種類があります。

それでは、どのようにして自分に合う永代供養を見つければ良いのでしょうか。

以下では、永代供養を選ぶ際のチェックポイントを紹介します。

① 立地
お墓参りをする必要がない永代供養でも、家族の気持ち次第ではお墓参りをする可能性があります。

また、永代供養の手続きをする際には、直接お寺や霊園に出向く必要があります。

このような理由から、自宅から比較的アクセスのしやすい場所でお墓を探すようにしましょう。

② 費用
上記でも紹介しましたが、永代供養の費用はタイプによって異なります。

また、永代供養に関する支払いは基本的に申し込み費用のみですが、場合によっては維持費や管理費がかかる場合があります。

そのため、永代供養に関する費用をあらかじめ全て把握した上で、検討することをおすすめします。

このような点を確認しながら、自分や家族にとってどの供養方法が最も馴染むか検討してみてください。

❖ まとめ

以上、永代供養の種類と特徴、選び方について解説しました。

今回の記事を参考に家族と相談しながら、ご自身に最も合う永代供養のプランを考えてみてください。

弊社【浄土真宗 お坊さん派遣.com】では、永代供養の申し込みを随時受け付けております。

お困りごとがございましたら、気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します