永代供養におけるお金の渡し方とは?永代供養料に関するよくある疑問についても解説!

永代供養におけるお金の渡し方とは?永代供養料に関するよくある疑問についても解説!

皆さんは、永代供養に関する正しい知識をお持ちでしょうか。
例えば、永代供養におけるお金の渡し方にはマナーがあります。

しかし、このマナーを正しく知らない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、永代供養料の渡し方と、永代供養料にまつわる疑問を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

⑴ 永代供養料の渡し方を紹介します!

永代供養料を払う際には、渡し方のマナーがあります。
それは、手渡しではなくお盆などに載せて渡すことです。
そのようにすることで、より丁寧でしょう。

また、専門の「切手盆」と呼ばれるお盆の上に載せて渡すとさらに良いでしょう。
この切手盆は慶弔両用で、長く使用できます。
専用の道具と聞くと高級なイメージがあるでしょう。
しかし、最低100円から1万円以上のものまであるので、ご自身が用意できる費用を考慮して用意すると良いでしょう。

⑵ 永代供養料料にまつわる疑問を解説します!

① 永代供養料は相続税の控除対象になる?

結論から言いますと、控除の対象にできません。
相続税に関しては、控除の対象となるものに葬式代があります。

葬式代は、葬儀場に支払う費用、葬儀に際して神社やお寺に支払った費用、通夜の飲食代が対象となります。
墓地の借り入れ料はその範囲には含まれません。

それゆえ、永代供養料は相続税の控除対象にできません。
把握しておきましょう。

② 永代供養時の服装は?

永代供養において納骨する際には、黒を基調としたおとなしい服装が望ましいでしょう。
故人と親しい間柄であった方は、喪服を着用することもあります。
ただし、略式喪服といって普段着に近い喪服でも問題ないでしょう。

③ 永代供養料とお布施は何が異なる?

永代供養料はお寺に供養の代行を依頼するために支払うものです。
対して、お布施は法事の際にお経を唱えてもらったお礼に支払うものです。

お布施に関しては、領収書の発行義務はありません。
それゆえ、お寺によっては発行してくれない場合があるでしょう。
もし、領収書を要する場合は、用意してもらうようにお願いしましょう。
または、記録としていくら支払ったか残しておくようにしましょう。

❖ まとめ

今回は、永代供養料の渡し方と、永代供養料にまつわる疑問を解説しました。
永代供養料を払う際には、お盆に載せて渡すようにしましょう。

また、永代供養料に関しての疑問点を解説したので、わからないことがないようにしましょう。
永代供養料に関して疑問点やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

弊社【浄土真宗 お坊さん派遣.com】では、納骨堂を京都市東山区に所有いたしており、【永代供養】のご対応も万全です!

❶ 交通の便が大変良い場所
❷ 無料駐車場完備
❸ 車椅子での参拝可
❹ 冷暖房完備
❺ お食事処も併設
❻ 法要ホール完備で貸切法要も可能

等々、ご親族そろってのご参拝に大変好評をいただいております!

『遠方(故郷)の墓から住居の近くに遺骨を移したい』
『お墓の継承者がいない』
『お墓のことで将来子供や孫に心配をかけたくない』

といった方におすすめです!!

費用は納骨の年数によって様々ですが、

関西地区最安値 です!

※通常、【永代供養】=『合祀』(最初から他人の遺骨と一緒に納骨)が大半ですが、

 弊社では依頼者様からの強いご要望にお応えし、

『合祀』ではなく、『個別安置』に特化致しております。

いくつものプランがありますので、ご予算に合ったものをご選択可能です。

※ 事前のご見学も随時承っております。

関西地区で永代供養をする場所をお探しの方は、

どうぞお気軽に、弊社【浄土真宗 お坊さん派遣.com】までお電話(0120-44-4649)下さい。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します