娘が唯一の跡継ぎである場合お墓はどうする?継承から墓じまいまでのガイド

NO IMAGE

お墓の跡継ぎについて、特に娘が唯一の跡継ぎである家庭の親世代が抱える悩みは少なくありません。
そこでこの記事では、そうした親世代が賢明な選択をするために、娘が唯一の跡継ぎである場合のお墓の継承と管理の選択肢、それから墓じまいに関する情報をお伝えします。

□お墓の跡継ぎが娘のみである場合の継承について

これまでお墓は、一般的に長男が継ぐ習慣とされてきました。
しかし、この習慣は戦前までの家督制度の名残であり、現在この制度は廃止されています。
そこで、娘が唯一の後継である場合の情報をお伝えします。

1:法的な側面

多くの人が誤解している点として、娘がお墓を継げないという考えがあります。
しかし、民法第897条によれば、お墓の継承は慣習や遺言によって決まり、娘が継ぐことも十分に可能です。

2:娘への負担

娘にお墓を継がせる場合、のちの負担も考慮する必要があります。
このような負担を軽減するためには、墓じまいという選択肢もあります。
墓じまいは、お墓を撤去し、その土地を管理者に返還する手続きです。
ただしこの選択肢が適しているかどうかは、家庭の状況や娘の意向によります。

3:家庭裁判所の役割

継承する人が決まっていない場合、家庭裁判所がその人を定めることになっています。
このように、法的な手続きを通じても解決する道は存在します。

□娘が跡継ぎである場合の墓じまいの手続き

次に、娘が跡継ぎである場合の墓じまいの手続きをご紹介します。

1:親族の了承

墓じまいをする前には、親族の了承を得る必要があります。
親族間でのトラブルを避けるため、このステップは非常に重要です。

2:墓地管理者との協議

次に、墓地の管理者に墓じまいの意向を伝えます。
特に寺院墓地の場合、檀家をやめることになるため、慎重な協議が必要です。

3:改葬先の選定

改葬先を決定する際には、「永代供養墓」がおすすめです。
この選択肢は、遺骨の管理と供養を墓地管理者が行うため、負担が軽減されます。

4:石材店の選定

墓石の解体工事は石材店に依頼します。
費用は石材店や墓地によって異なるため、事前に見積もりを取ることが推奨されます。

□まとめ

娘が唯一の跡継ぎである場合でも、お墓の継承や管理はさまざまな選択肢が存在します。
法的な側面を理解し、娘や親族、墓地管理者との協議をしっかりと行うことで、最適な解決策を見つけられるでしょう。
この記事が、お墓の継承と管理についての一助となれば幸いです。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します