永代供養のお布施に関する疑問を解決!正しい相場の金額とマナーをご紹介!

NO IMAGE

永代供養を控え、お布施の金額やマナーについて不安を感じている方はいらっしゃいませんか。
お布施にもさまざまな内訳が含まれているため、疑問を感じている方も多いはずです。

この記事では、永代供養のお布施について、お布施の相場、その正しい渡し方について解説し、皆さんの疑問や不安を解消します。

□永代供養のお布施の金額相場とその決め方

永代供養におけるお布施の相場は、納骨法要、開眼供養、年忌法要ごとに異なります。
こちらでは、お布施を包む意味とその金額の相場をご紹介します。
寺院や霊園によっては、納骨法要のお布施が永代供養料に含まれる場合もありますので、事前に確認することが重要です。

*お布施の意味

お布施は、読経や戒名授与への感謝を示す行為です。
一般に金額は決められておらず、寺院や霊園によって異なりますが、おおよその相場があります。

*金額の決め方

永代供養においては、法要の種類ごとにお布施の相場が存在します。
納骨法要では3万円から5万円が目安です。
開眼供養が必要な場合は、納骨法要を合わせて10万円ほどが一般的です。
また、一周忌法要の相場は3万円から5万円、三回忌以降は1万円から5万円が目安になります。

□永代供養のお布施マナーとは?正しい渡し方をご紹介

お布施の正しい渡し方には、支払い方法の確認、手渡し時のタイミング、封筒の選び方や表書きの作法など、いくつかのポイントがあります。
こちらでお布施の支払い方法とそのタイミングとマナーをご紹介します。

・支払い方法の確認

お布施をお渡しする際、昔は手渡しが主流でしたが、最近では高額になる場合があり、銀行振込を利用する寺院や霊園も増えています。
手渡しや銀行振込など、寺院や霊園によって支払い方法が異なるため、事前の確認が必要です。

・手渡しのタイミング

お布施を手渡しする場合、法要前後に行います。
お互いに時間に余裕があり、僧侶と対面できるタイミングで行い、適切な挨拶を添えましょう。
合同法要のように規模が大きい場合では、受付で手渡しする可能性もあります。

・封筒の選び方

封筒には「お布施」または「御布施」と記し、白無地を選びましょう。
水引があっても問題はありませんが、ない方が理想的です。
封筒をお渡しするときには、可能な限り手渡しでなく切手盆(きってぼん)または袱紗(ふくさ)に載せてお渡しします。

□まとめ

永代供養のお布施に関して、相場の理解と正しいマナーの実践は、法要に臨む上で非常に重要です。
納骨法要、開眼供養、年忌法要ごとの相場を把握し、お布施を渡す方法やタイミングを適切に行うことで安心して永代供養に臨めます。

当社は、実力・人格を備えた僧侶だけを登録しており、お布施の金額が明確なため、安心して永代供養できます。
もし永代供養をお考えの方は、お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します