永代供養のその後を解説!供養方法と追加費用の全知識

NO IMAGE

永代供養に関心を持ち、行おうと考えている方へ。
実は、永代供養をした後にもやるべきことや必要となる費用があります。
本記事は、そんな皆さんのニーズに応え、永代供養後の供養方法と追加費用に関する情報を提供します。
これにより、適切な供養計画を立てる手助けをします。

□永代供養後の供養方法の詳細

永代供養後に選択できる供養方法は多岐にわたります。
ここでは、その中から主要な方法を5つ紹介します。

1:春秋のお彼岸に行う供養

春と秋のお彼岸期間中に実施される供養です。
春のお彼岸は春分の日を挟んで前後3日間、秋のお彼岸は秋分の日を挟んで前後3日間を指し、この7日間のどこかで法要が行われるのが一般的です。

2:年忌法要

仏教の伝統に則り、七回忌や十三回忌などの故人の命日に行われる法要です。
寺院や霊園によって異なる実施形態がありますが、遺族の参加がなくても行事として実施されることもあります。
この場合、故人の戒名をまとめて読み上げる形で行われ、遺族の負担が少なくなる一方で、個別の法要を行えません。

3:祥月命日の供養

故人が亡くなった月日に行われる供養です。
一周忌以降の月日を指す言葉として使われ、例えば9月13日に亡くなった人の場合、次の年からの9月13日が祥月命日となります。
永代供養の法要では、寺院や霊園によっては故人の祥月命日に合わせて行われることもあります。

4:月命日の供養

故人が亡くなった日を月命日と呼び、毎月その日に供養を行う方法です。
祥月命日の月以外の毎月の日が月命日となり、例えば9月13日に亡くなった場合、9月を除く毎月13日が月命日です。
定期的に供養を行いたい方にはおすすめです。

5:毎月1回の供養

毎月特定の日に集まって行う法要です。

□永代供養後に発生する追加費用について

永代供養後に発生する可能性のある追加費用には、以下のようなものがあります。

*お墓の撤去代

永代供養を選んだ場合、元々あったお墓を撤去する必要が生じることがあります。
この撤去には費用が発生します。

*仏壇・位牌の処分代

家庭で保持していた仏壇や位牌を永代供養に含める際、その処分にも費用が必要です。

*個別安置期間の延長代

特定の永代供養墓では、個別に安置する期間が定められており、この期間を延長する場合は追加費用が必要になります。

□まとめ

この記事では、永代供養後の供養方法と追加で発生する費用について詳しく解説しました。供養方法には、春秋のお彼岸、年忌法要、祥月命日、月命日、毎月1回の供養などがあり、追加費用にはお墓の撤去代、仏壇・位牌の処分代、個別安置期間の延長代などが含まれます。
これらの情報を参考に、故人を供養する計画を適切に立てることができるでしょう。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します