核家族時代のお墓選び-永代供養のメリットと検討時のチェックリスト

NO IMAGE

核家族化や少子高齢化が進行する現代社会において、お墓の継承に関する問題は多くの人にとって大きな悩みとなっています。
特に後継者がいない、あるいは継がせたくないと考える人々にとっては、永代供養墓が一つの解決策として注目されています。
この記事では、そうした方々の不安を解消し、永代供養墓に関する基本的な知識とその選択にあたっての重要ポイントをお伝えします。

□永代供養墓の基本となぜ注目されているのか

永代供養墓とは、遺族がお墓の管理や供養を霊園や寺院に委ねるシステムです。
法的な定義はありませんが、一般的には遺族の代わりに供養・管理を行うお墓として理解されています。
その背景には、核家族化や少子高齢化による家族構造の変化があります。
これまでは家族が代々受け継いできたお墓ですが、後継者が不在、あるいは負担をかけたくないという考えが強まる中で、永代供養墓が望まれるようになりました。

1:永代供養墓の普及の始まり

昭和60年代に滋賀県の比叡山延暦寺大霊園で始まった「久遠墓」は、永代供養墓の普及のきっかけとされています。
これは、遺族の存在に関わらず、永続的に供養と管理が受けられることを特長としています。

2:社会的変化への対応

核家族化や少子高齢化による家族形態の変化、子どもに負担をかけたくないという思いが、永代供養墓への関心を高めています。
また、生前に申し込みが可能な点も、多くの人にとってのメリットとなっています。

3:メリットの理解

永代供養墓は、後継者がいない人でも安心して契約でき、定期的な供養や管理の心配がない点が大きな利点です。
さらに、一般的なお墓に比べて費用が抑えられる点も、多くの人にとって魅力的です。

□永代供養を選ぶ際の重要なポイント

永代供養を検討する際には、いくつかの重要なポイントがあります。
これらを理解し、適切に対処することで、将来的なトラブルを避けられます。

*遺族の意向の確認

永代供養を契約する前に、遺族が永代供養に同意しているか、埋葬方法や供養方法が遺族の意向に沿っているかを確認することが重要です。

*埋葬方法の選択

永代供養墓と先祖代々のお墓は異なります。
墓じまいや合祀されることについて、遺族の了解を得ておく必要があります。

*遺骨の取り扱いについての合意

合祀墓を選択する場合、将来的に遺骨が取り出せなくなることもあります。
永代供養後の分骨や改葬ができなくなることを理解し、遺族との合意が必要です。

□まとめ

永代供養墓は、核家族化や少子高齢化が進む現代社会において、後継者がいない、または継がせたくないと考える人々にとって有効な選択肢です。
その基本的な理解とメリット、さらに選択時の重要ポイントを把握することで、将来の不安を軽減できます。
永代供養墓についての基本知識と選択に際しての注意点を理解し、安心した選択を行いましょう。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します