永代供養についてご存知ですか?基礎知識と相場を紹介します!

NO IMAGE

私たちは、時の流れの中で家族や親族の形が変わり、社会構造も変化しています。
その変化の中で、永代供養が一般的になり、選択される方が増加しているのです。

今回は、特に高齢の方や将来的に永代供養を考える人々のために、永代供養の基礎知識と費用相場について解説します。

□永代供養の基礎知識をご紹介

永代とは、長い年月を経ても続くことを指す言葉であり、永代供養とは、遺骨を寺院や霊園が管理し、末永く供養することを意味します。
この概念が重要視されるようになった背景には、少子化や核家族化の進展、孤独死の増加など、お葬式や供養する親族がいない故人の増加が原因となっています。
これらの社会問題は、遺骨の管理や供養に関する新たなニーズを生み出しました。

*宗派による永代供養の違い

宗派によって永代供養の取り扱いは異なります。
例えば、浄土真宗では通常、故人の冥福を祈る追善供養は行われませんが、それでも永代供養墓を提供する寺院は存在します。

*永代供養を選択される理由

永代供養を選ぶ理由は人それぞれです。
高齢の方の中には、生前に遺言で永代供養の希望を残している方もいらっしゃいます。
また、夫や婚家の墓に入りたくない、という理由から永代供養を選ぶ方もいますよ。

□永代供養を選ぶ際の費用相場と注意点

永代供養を選択される際には、費用面の理解も不可欠です。
永代供養の費用は、永大供養墓の種類やお布施の有無によって異なります。

1:永代供養料

こちらの料金にはお墓の管理、供養の費用が含まれており、通常のお墓の場合とは異なり、一度支払うことで追加の費用がかからない場合がほとんどです。
平均的な永代供養料は5万円から150万円の範囲ですが、選択によっては費用を抑えられますよ。

2:納骨料

納骨式での僧侶へのお布施を含む納骨料は、平均5万円程度です。
ただし、追加の法要が必要な場合は、別途費用が発生する可能性があります。

3:プレート代・刻字料

墓石やプレートへの刻字には、3万円から5万円程度が目安です。
集合墓や合祀墓での刻字は費用が異なるため、具体的な費用は事前に確認することが重要です。

□まとめ

永代供養は、家族構成や社会背景の変化に伴う新たな選択肢として、多くの人々にとって重要な意味を持ちます。
永大供養についての宗派による違い、個人の選択理由、そして費用面の理解は、将来の選択肢を考える上で欠かせない要素です。

永代供養を考えているけれど、費用について悩まれている方もいらっしゃるでしょう。
当社は、「お布施」にすべての料金が含まれており、お車代や御膳料を別途ご用意いただく必要はありません。
永代供養をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します