永代供養の流れをわかりやすく解説:初心者向けのステップガイド

NO IMAGE

現代社会において、お墓の継承者不足は深刻な問題です。
この課題に対応する形で生まれた永代供養は、墓地の継承者がいない、または遠方に住んでいてお墓の管理が難しい人々にとっての救いとなっています。

本記事では、永代供養の意義と手続きの具体的な流れを初心者にも理解しやすい形で紹介します。

□永代供養の基本:特徴と種類を解説

永代供養は、ご遺族に代わって寺院や霊園が永続的に供養を行うシステムです。
契約期間は通常、最長で33回忌までとされ、期間満了後は合祀墓で供養されます。
この制度の特徴として、以下の種類があります。

1:単独墓

伝統的なお墓の形で、個別の区画に墓石を立て、遺骨を納めます。
家族単位で管理するため、個人の意向を反映させやすいのが特徴です。

2:集合墓

複数の遺骨を共通の石碑下に納め、それぞれが個別のスペースに分けられます。
個別の区分が明確でありながら、共同の場所で供養される形式です。

3:合祀墓

他人の遺骨と共にまとめて納骨され、共同で供養されます。
個別の区別はなく、すべての遺骨が一つの墓で永続的に供養されるスタイルです。

4:納骨堂

建物内に専用のスペースを設けて遺骨を納めるスタイルで、墓石は設けられません。
近年、墓地のスペース節約や管理の容易さから選ばれることが多いです。

永代供養の起源は、1985年の滋賀県比叡山延暦寺とされ、以来、日本全国で広まりました。
これは、少子高齢化や核家族化の影響でお墓を継ぐ人が減少したことに起因しています。

□永代供養を実施する際の流れ

永代供養を実施するにあたっては、以下の手順に従います。

1:墓じまいの相談

まずは、現在のお墓の管理者や家族と墓じまいについての話し合いを行います。
これは、現在のお墓を撤去し、新たな供養形式に移行する準備のステップです。

2:永代供養先の選定

資料請求や現地見学を通じて、永代供養を行う寺院や霊園を選びます。
永代供養先の選定は、施設の雰囲気や条件、費用などを総合的に考慮する必要があります。

3:改葬許可申請

墓じまいには、改葬許可申請という手続きが必要です。
これは、現在のお墓から遺骨を移動させる許可を得るためのものです。

4:お墓の撤去

専門業者を選定し、現在のお墓の撤去作業を行います。
撤去には、石材の取り扱いや遺骨の扱いに注意が必要です。

5:魂抜きの儀式

閉眼法要とも呼ばれる魂抜きは、故人の魂を次の世界へ送るための重要な儀式です。
この儀式を経て遺骨を取り出し、新たな供養形式へ移行します。

6:墓地の返還と納骨

お墓の撤去後、その場所を墓地管理者に返還します。
その後、永代供養先に遺骨を納骨し、新たな供養が始まります。

この一連のプロセスは、故人を尊重し、新しい供養形式への移行をスムーズに行うためのものです。

□まとめ

永代供養は、現代社会におけるお墓の継承者不足という課題に対応するための重要な選択肢です。
単独墓、集合墓、合祀墓、納骨堂といった多様な形態があり、それぞれのニーズに合わせた選択が可能です。

墓じまいから納骨に至るまでの各手続きは、故人への最後の敬意として丁寧に進められます。
本記事が、永代供養を検討する際の参考となれば幸いです。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します