永代供養で考える夫婦だけのお墓選びについてご紹介!

NO IMAGE

自分たちの望みを尊重し、将来の負担を子どもや親族に残したくないと考える先見の明を持つ夫婦にとって、終活計画は重要なテーマです。
特に、夫婦二人だけのお墓に対する関心は高まっています。
本記事では、夫婦墓と永代供養の概念、そのメリットと選択肢について解説し、安心して終活計画が立てられるような情報を提供します。

□夫婦墓の基本と永代供養の魅力

夫婦墓とは、文字通り夫婦のみが納骨されるお墓を指します。
従来の「先祖代々之墓」とは異なり、子どもや親などはこのお墓には納骨されません。
夫婦墓を選ぶ理由は多岐にわたりますが、主に子どもがいない、親族関係が複雑、または遠方の本家のお墓に入りたくないなどが挙げられます。

*夫婦墓の選択肢としての永代供養墓

近年、夫婦墓の形態として永代供養墓が選ばれるケースが増えています。
永代供養墓は、お寺や霊園などの管理者が故人の供養を行うお墓で、後継者がいない、または次世代にお墓を残したくない方に適しています。
墓石を建てるスタイルのものは少なく、樹木葬や納骨堂、合葬墓が主流です。

*永代供養墓の利点

永代供養墓の最大の利点は、お墓の管理や供養を墓地や霊園が担うことで、後継者に対する負担がなくなる点です。
これにより、荒れ放題になる心配がなく、夫婦での安心した終活計画が可能となります。

□永代供養つき夫婦墓の具体的なメリット

永代供養つきの夫婦墓を選ぶことのメリットは、後世に負担を残さないという、夫婦の希望を叶えられる点にあります。
具体的には、後継者の負担が大幅に減り、自分たちの好みに合わせたデザインが可能になり、さらに後継者が不在でも問題なく利用できる点が挙げられます。

1:後継者の負担軽減

永代供養を選択することで、お墓の管理や年間の供養を墓地や霊園に委ねることが可能です。
そうすることで、後継者の負担を軽減できます。

2:デザイン自由度の高さ

夫婦墓では、墓石の形状やデザイン、刻む言葉に至るまで、夫婦の好みに合わせて自由に選ぶことが可能です。
これにより、夫婦の個性や想いを形にできます。

3:後継者不要の安心

後継者がいない場合でも、永代供養のシステムを通じてお墓の管理や供養が保証されます。
そのため、将来にわたって安心してお墓を持てます。

□まとめ

夫婦だけのお墓、特に永代供養つき夫婦墓は、後世に負担を残さず、自分たちの望みを実現する上で最適な選択肢です。
本記事で紹介した永代供養墓の基本とメリットを踏まえ、安心して終活計画をお立てください。
夫婦二人だけの終活計画を考える際は、永代供養つき夫婦墓を検討することをおすすめします。

お電話でのお問い合わせ

24時間365日ご対応

通夜・葬儀は急な事ですので
必ずお電話でお願い致します